2022年11月30日水曜日

自称アフターコロナのインドへ行ってきた〜日本へ帰れない!編 Vol.2〜

⁡ positive reaction diary Episode 2 ⁡

7月12日 部屋に案内されてしばらくすると主治医であろう女医さんが入ってきて、簡単な質問をする。 だるさ、熱はないか?喉は?などを聞かれる。 
ひと通り質問に答える。
そのあと、可愛らしい看護師の女の子が二人入ってきて、まず一本注射を打つ。
その後、右手の親指の付け根を探り探り、そこに太めの針を刺した。
点滴をその場所からいれる時のヤツです。
ぐりぐり探られ、とても痛いです。
 結局入らなかったみたいで、二人であーだこーだ探りながら手首の下あたりに決まったよーで、そこへ針を打ち直す。ぐりぐり。痛い。
しばらくして「サクセス」と真顔で言われる。 よかったあ。
その刺したところから注射器で透明の液体2本を注入。医療のことはわからないが、点滴を注射器で入れてるような感じだ。 ゆっくり入れているつもりのようだが、なかなか早い。
そして早ければ早いほどピリピリ血管が痛い。こわーー 
あとで気づくが、看護師によって入れるスピードが違う。早いと痛い。 
プリーズ、出来るだけゆっくりにしてください。




血圧はもちろん、かわるがわる看護師が来て血液検査、心電図をとる。 心電図のスポイトみたいな吸盤がひとつ弱すぎて皮膚にひっつかない。 何度やってもコロリと落ちる。 仕方なく手で押さえながら測る。 
「ノーマル」と結果を端的に伝えてくれる。 
そして直径1センチのタブレットを飲みなさいとふたつ持ってくる。
飲む。飲み込むのにひと苦労だ。喉につかえる。 やっと飲み込めたかと思ったら喉の下の方にずーーーっとある。胃の入口あたり。


お昼ご飯は何がいい?と聞かれる。 チャパティ?ドーサ?ライス? ライスをお願いする。
お昼の時間を1時間半ほど大幅に遅れてランチ到着。 可愛い新聞紙とバナナの葉にこれでもか!とご飯が包まれている。 カレーもついている。 味は美味しい!! でもそこそこ辛い。病人食には思えない。 



スパルタだ。 再び直径1センチのタブレット二つ。 午前に飲んだのがやっと胃に馴染んだばかりなのにまたきた。
お茶の時間に何を飲む?と聞かれる。 チャイが飲みたい。とオーダーする。 またもや3時のお茶タイムから1時間半ほど過ぎてチャイが届く。嬉しい♡ 




夜ごはんは何にする?と聞かれたのでチャパティ一枚で。とオーダー。
それだけでいいの? 1枚?と信じられない?なんで?という顔をされる。
だってお昼のごはんてんこ盛りでお腹すいてないんだもん。



ディナーまでの間にまた謎の液体2本注入。 そして、夜もまた注入。
部屋にあるテレビでインドのMTVみたいな番組を観る。
男女が歌ってべったりねっとりひっつき合うお馴染みのヤツだ。嫌いでない。 
そして眠りにつきました。



2022年11月25日金曜日

自称アフターコロナのインドへ行ってきた〜日本へ帰れない!編〜

 positive reaction diary Episode 1 ⁡

出国72時間前の陰性証明のためのPCR検査。
この旅で1番の気がかりなことだ。 近くの病院でやってくれるのか? 
チェンナイ市内に戻らないといけないのか? 予約はできるのか?
チェンナイの日本領事館のホームページに載っていたところへメールするが返事はなし。
領事館に連絡したら、メールではなく病院へ電話で予約してくださいとのこと。 
日本で買って入れていったSIMはインターネットのみで通話はできない。 
アシュラムに滞在していたので、とにかくアシュラムに一度聞いてみよう!ということになった。
どこか検査できる病院がないか聞くと、すぐにラボの人を紹介してくれた。
ラボの方に会わせてもらい、日本の公式の書式を見てもらい、検査方法などを確認して、採取日をきめる。 神ーーー〜
72時間前に書類が出せるよう計算して、アシュラムに採取に来てくれることになったのだ。 なんとありがたい。
⁡7月9日 ごはん前にアシュラムの方が、ランチの後に採取するからとおしえてくれる。 
ランチ後、どこでするんかなーーと思いきや、こっちこっち、とアシュラムの庭で野外鼻咽喉検査実施。さすがインド〜 ⁡

7月10日 検査結果は11日朝に書類をもらう予定だったが、夕方アシュラムに行くと呼び止められる。 
“K!Kは誰だ?!ポジティブの結果が出たから今すぐ部屋に帰りなさい”と言われる。
”Kて私やん・・・がちょーーーーーん”
実は検査の前日から少し喉がイガイガしていた。 検査当日の朝は少し喉が痛かったのだ。
まさかやーーーー ⁡ 

7月11日 帰国は真夜中の便だったので、この日の午後にアシュラムからチェンナイへタクシーで行く予定だった。 
が、陽性のため友達二人はタクシーでチェンナイへ。
私は一人でアシュラムに残ることになった。うぇーん。
 一番の心配はSIMがあと数日で切れてしまい、ネットが使えなくなること。
数年前に来た時はネットカフェがあって、そこでSIMを入れてもらったことがあった。
ご存じないかもしれないけど、インドでSIMを入れるにはなかなか手こずるのだ。 
けれどもそこのネットカフェでサクッと入れてもらえて感動したことがあった。
今はネットカフェでなく、旅行会社になっていたが、もしかしたら入れてくれるかも?と思い、友達に頼んで聞いてもらったらなんと、入れてくれるということに! 
助かったあーーー神ーーーー✨ 
ネット問題も解決し、友達二人はチェンナイへ。
友達がアシュラムの事務所で聞いたところによると、私もチェンナイの病院へ受診に行かなければならないから待っていなさいと言われたようだが、どうやら行き違いで、待てど暮らせど迎えは来ない。食事も来ない。 丸一日食べてない。 夕方まで待っても誰も来ないので、仕方なくアシュラムの事務所に聞きに行ってみた。
”そんなことは言っていない。ここにいてもいいし、チェンナイに行って病院で受診してもいいし、どちらでもいいよ”とのことだった。
お腹すいたーというとすぐにチャイを持ってきてくれた。しみるーーう 
聞く人によって答えが違うのはインドのお家芸だ。
さて、どうしよう。 
ここにいるべきか否か。 
領事館に今の隔離期間は何日なのか?どうすればいいか?と連絡してみる。が、ウェブサイトの病院に電話してみてください。との返事。冷たい。
そーだ、まずはこのあたりで受診しよう。
そう思って、アシュラムのカンナムジが部屋まで食事を運んでくれた時に、この辺りでいい病院がないか聞いてみた。
すると、 “あなたはコロナだから受診はできません。往診もできません。薬が欲しいなら私が買って持ってきます”と、優しく諭される。

7月12日 朝食をカンナムジが持ってきてくれる。
娘に海外旅行の保険会社に問い合わせてもらったら、受診してくださいと言われたので、もう一度、どうしても受診したいですと伝えてみた。
しばらく考えて”それでは入院しますか?”
”はい、します!”
”わかりました、連絡してみます”ということに。 
しばらくするとカンナムジが来て”あと30分で救急車が来ます。4日分の用意をして後の荷物は置いておきなさい”と言われる。 
急いで用意をして、救急車を待つ。
初インドの救急車。なんだか、、、不謹慎やけどちょっと嬉しい。
救急車に乗る。 中は思っていたよりちょっときれい。 
が、道がガッタガタでお尻が浮くほど揺れる。



20分ほどで病院に到着。 あたりはのどかで田舎の清潔な病院っていう感じだ。
平家と二階建ての横長の建物。 
椰子の木や竹林や大きな木々に囲まれている。 



カンナムジも一緒に来てくれて、受付から何から、全ての手配をしてくれる。
親切すぎる。
手続きは全て済ませてくれ、個室に案内される。
5000ルピーのデポジットをカードで払おうとしたが、ネットがうまくいかず、キャッシュで4000ルピー支払う。 
救急車が2500ルピーだったそうでそれもカンナムジ個人が立て替えてくれた。 もう感謝しかない。 








ということで、入院までのリポートでした。 続くぅ〜










2022年11月16日水曜日

自称アフターコロナのインドへ行ってきた〜Tiruvannamalai Vol.2〜

アシュラムでのんびりする。


アシュラムの並びにあるダクシナムールティのお寺。

シヴァ神のアヴァターラ

ヴェーダーンタの神様です。

ここはいつもたくさんの信者で賑わってます。

マーラが切れてしまったので

新たにチェンナイでルドラクシャのマーラを購入。

ここでプージャしてもらったよ。

ちょっとは賢くなーあれーーー


早起きして聖なる山に登る。


早朝は猿の軍団がいるので正直怖い。

インド人に盾になってもらいながら登る。


スカンダアシュラム。

ここにバガヴァーン(ラマナ・マハリシ)が住んでおられました。


なんと!!

ここで9年前に山をガイドしてくれたおじいちゃんと再会。

あまりに老いてしまっていたので最初気づかんかったわ!

歩くにも大丈夫?!ってくらい

志村けんのコントばりに震えていたし。

9年前は元気にアルナーチャラの山を案内してくれてたのになあ。

英語が通じなかったみたいで

洞窟につれてってほしいって言ったのに

どんどん山を登っていき

”洞窟は?まだ???”と聞くと

”ファーーーイブミニッツ(あと5分だ)”と答える。

これを何度も繰り返し

予想通り5分後は永遠に来ず

途中で断念したことを思い出す。

どうやら聖なる山の山頂に連れてってくれるつもりだったみたいだ。

こんなおじいちゃんになってしもたかあ・・・・

時の流れを痛感した。

それでもこうやって山にきて立派にバクシーシ(喜捨)を務めている。

少しのお金を渡すと

ぶっるぶるに震える手でポケットからなにやら取り出した。

「アルナーチャラ、バガヴァーン」

と言って片手を頭にのせてお祈りをしながら

石を手渡してくれた。

ツルッとしたなかなか綺麗な石だ。

なんかわからんけど感動した。


山の上からの眺め。


この奥にバガヴァーンが悟ったという洞窟がある。

コロナがあったからなのか

人数制限が設けられており

入口で案内があるまで待つ。

5分か10分くらいで中に入ることができて、座る場所も指定される。

静かに座って瞑想をする。

プラーナとか、なんとかよくわからんけど

ここは凄かった。

何回か来てるけどこんなのははじめてだ。


洞窟から出て山を少し降りると

そこはもう生活の匂いがプンプンの街。


道ばたでシヴァリンガを掘ってる〜


ずんずん降りると街のテンプルに出る。

とりあえずチャイでいっぷく。



このディスプレイ

センスあるわぁ



ビックテンプルの入口。

山の上から見えていたテンプルです。






日がよかったのか

プージャがあちこち行われていて

聞くと60歳でもう一度結婚式を挙げるんだって。

還暦の結婚式だそう。




街をぶらぶら。


インドの人気アニメキャラのブッディのおめん。


値段直書きも健在。

これ消えへんねん・・・


アシュラムまで戻ってきたらすんごい人だかり。



ドナドナみたいに

人が続々トラックで運ばれてくる。





よくよく聞いたら

州知事?が来るんだそうで。

それにしてもすんごい人・人・人!!!


さて

のんびりとアシュラムライフを楽しんでおりましたが

帰国の日が近づいてきたので

アシュラムにお願いしておいたPCR検査を受けることに。

アシュラムでご飯食べてたら

「ランチのあとに検査するから」

「ん?どこで?」

と思っていたら、ご飯出たとこの広場で路上検査でした 笑


鼻と喉。

さてこれが思わぬ結果に。

次回は日本へ帰れない!をお届けいたします。























 

所作とエネルギー。

こないだ、これみて!と教えてもらった

武田双雲さんのYouTube。

「所作がエネルギーを生む」

おおおおお〜〜〜

書家の双雲さんの場合は

「墨をする」という所作、そのルーティーンがとても大切なのだと。

神社でパンパン!と手を叩く

お茶で茶碗を3回回す

とか

「その所作に全てがある」というのだ。

 太陽礼拝もそうよね。

 決まった型を美しい所作で行う。

 それはエネルギーを生み出すんだと思う。

⁡ そういえばアシュラムでのプージャ。

スワミジの所作は本当に美しかったなあ。

 ⁡ふとシバナンダジのことを思い出した。 

グルジはどんな時も所作が美しかったそうだ。

 「メガネケースを扱うときも 万年筆やメガネをあれほど優しく丁寧に扱う人を見たことがない」 そうな。 

「物を扱うときは、まるで生まれたての赤ちゃんを扱う時のように、とても優しく丁寧になさいました。 ショールを首に巻かれる時も、大変美しく優雅になさいました。 それはまるで、優しく扱わなければ、ショールの中におられる神が傷ついてしまうかのようでした。」(愛と奉仕に生きた聖者の教えシ・ヴァーナンダヨーガより) ⁡ 

何度読んでも感動するわー

アーサナもしかり。

日常の所作を丁寧に大切に行うことは いいエネルギーを生む。 

最初は意識的に

 いつしか自然に 全てのものに神が宿っているということに気づくために 

つい忘れてガサツになってしまうけど

 全ての所作が美しいルーティーンになるまで やってみようと思う。 ⁡











2022年10月12日水曜日

自称アフターコロナのインドへ行ってきた〜Tiruvannamalai〜


チェンナイ市内からタクシーでアルナーチャラへ向かう

チェンナイのホテル近くに旅行代理店が見つからず

仕方なしにホテルでタクシーを手配してもらう。

そしたら6000ルピーって言うではないか!

えええええ!

めちゃくちゃ高いやん!

しかし他に頼むすべもなく・・・お願いする。

後ほど分かったことだが

3000ルピーでいけるねん・・・

倍近くボラれたのであった。
 

おおお〜〜〜

アルナーチャラが見えてきた。


ティルバンナマライの街を通る途中

Amazon発見!

インドもAmazonが大流行りだ。


着いた着いたーーーー

ラマナアシュラムう



事務所で滞在の手続きをする。

いつも通り写真を撮っていたら

門のところで撮影禁止と言われる。

5年ほど来ない間にアシュラム内は一切撮影禁止になっていた。

とっても残念だ・・・



バルコニー付きの清潔なお部屋と


気持ちのいいお庭があるアシュラムの宿坊。

日本人が寄付したそうで

他にもいくつか寄附で建てられた宿坊がある。


聖なるシヴァの山

アルナーチャラも見える。

アシュラム内の様子がお伝えできないのが残念やわ〜〜


アシュラムの真ん前の屋台の親子。


このセンス。

失わないでほしい。


そのへんでしゃあしゃあ絞る。


土産もん屋のおばちゃん。

セールスが上手やねん。

ラマナのアンミカや。


アシュラムの晩ごはんまで時間があるので

隣のアシュラムの食堂へ。


ワダを食べる。

美味しい〜〜


ババジにも再会!


よかったあ

コロナに負けずに生きててくれたのね〜


ヨガポーズもけんざーーーーい!

お母ちゃんは亡くなって

家も引き払って完全なサンニャーシーになったそうで。

全財産は小さな巾着ひとつだけやった。


クジャクもたくさんいて

やっぱりアルナーチャラは落ち着く〜