2013年7月5日金曜日

インド放浪記⑨

宿のオーナークリシュナさんが
 
お隣に住んでいる甥っ子が
 
あさって結婚式やから参加しないか?と誘ってくれたので
 
もちろんいくいく~と参加させてもらうことに
 
こちらは前夜祭
 
 
老いも若きも親戚一同大集合
 
 
おじいちゃんのお話にみんな釘づけ
 
 
 
 
 
おじいちゃんの娘・花婿の母です
 
 
 
親子
 
早くに亡くなった奥さんのあと男手ひとつで子供たちを育て上げたそう
 
 
おおばあちゃん
 
 
主役の花婿さん
 
メヘンディ中
 
 
 
次の日
 
家のま裏の麦畑の畔で
 
結婚の儀
 
 
親戚のおじさんがプジャリさん
 
 
花婿の父
 
牛の糞を塗り付けてます
 
 
 
和やかに式ははじまる
 
 
太鼓屋さんも駆けつけてます
 
花婿の母
 
 
親戚の独身女性のみが受ける儀式
 
 
そして親戚の女性から
 
ターメリックを塗られる花婿
 
 
 
 
 
 
そしてコインが入ったバケツのお水で
 
全身を洗い清める
 
 
 
さっぱりきれいになったあと正装に着替える
 
そのあいだのチャイブレイク
 
 
 
花婿正装で登場
 
かっこいい~
 
 
 
みんなからお札の首飾りをかけられる花婿
 
 
そしてウエディングカーに乗って街のシヴァ寺院へ移動
 
 
ウッタラカーシーの街にあるシヴァ寺院
 
 
 
 
その敷地内にあるホーマー場
 
 
たくさんの人がそれぞれプージャを行っている
 
 
花嫁さんご登場です

 
 
 
どこまでもゆる~く
 
プージャは進行
 
 
プージャの間もチャイやビスケットが配られ
 
気づいたら
 
終わってた
 
 
再び家に戻り
 
ご飯をいただく
 
 
手づかみじゃ
 
 
 
新郎新婦そろって再びお部屋でプージャ
 

 
 
クリシュナさん曰く
 
この地方の結婚式はとってもシンプルなんだって
 
そういえばほんまに
 
堅苦しいこともなく
 
ごくごく自然体のなごやかな結婚式でした
 
貴重な経験をさせていただきました
 
さてさてお次は
 
チャッパルで必死の山登り編へと続きます~
 


0 件のコメント: