2013年8月11日日曜日

さよなら私。

数ヶ月ぶりにまったくなーんも予定のないオフ日

ひっさしぶりに家の大掃除をすまし

ゆっくりお茶しながら読みたかった本に没頭

なんという贅沢!

おもしろすぎて一気に最後まで読み切ったどーーーーっ

 
東洋哲学を西から東へと辿っていきます

ヴェーダに始まり禅で締めくくられてます

グッときたのが最後の最後に出てくる

禅をあらわした「十牛図」

ここ数年モヤモヤっとしてたこと

それがこの絵の八、九、十

今年のヴェーダーンタキャンプでようやくわかりかけてきたこと

それがすべてあらわされている

藤原新也の「メメントモリ」にもある

「最初に乳の海があり」のところ

そこへと還ったあとそのあと





この絵の十番目

このお酒を片手に持つ陽気なおっちゃん!

キャイーーーン ♡

空も道もモークシャもすべてはこれ目指してる?

それと

つべこべ理屈こねてんと単純にいこうってつくづく思った

そしてやっぱりこのカリユガの時代

Sravanam (神様のお話を聞く)・Kirtanam (神様のうたを歌う) なんや

南無阿弥陀仏でもオームでもギャーテーギャーテーでも

とにかくつべこべ考えてんと唱えてたら何かが体験され

お話を聞くことによってその体験があーそーやったんかーと腑に落ちる

もう一冊

みうらじゅんさまの本

「さよなら私」

この本もさっきの本とおんなじこと言ってます

なんら変わりありません

さらっと読めちゃうので難しい本はちょっと・・・という方はこのじゅんさまの本読めばえーです

Let's enjoy your sadhana !

人生を楽しみましょう

見方を変えちゃえば苦も楽もなんら変わりはないのだ

その見方を作り出しているのは脳ミソ

その見方をどうやって変えていくか

その方法の一つがヨーガ

脳ミソおいといてまずはからだを動かそう~!











 

0 件のコメント: