2014年4月29日火曜日

小雨に想ふ。

ここ数日大当たり


介護現場で夜間救急搬送があったり


ターミナルケアの方を看とったり


夜は基本ひとり勤務なのでとっても不安


どんな事態が起きてもいかに冷静に対処ができるか


起きている出来事を俯瞰で観ていられるか


これもまたヨーガなのです


命の灯が消えゆくその時をどうすれば穏やかに過ごしていただくことができるか


自問自答しながら仕事をこなす日々


様々な「死」と向き合う中で思うこと


「覚悟」が大事やなと


近づく「死」に対する覚悟ができているかどうか


それはお年寄りだけに限らず今生きているすべての人が考えなくてはいけないことだなぁと


私たちは気づいていないかもしれないけど一瞬一瞬を常に選択して生きています


そして中には人生を大きく変えてしまうほどの選択をしないといけない時もある


その時に「覚悟」をきめ腹をくくり生きていくことができるか


たとえば病気で死の宣告を受けたとき


それを受け入れる覚悟ができるかどうか


覚悟とはあきらめることとは違うねんなぁ


今できることを行い


その行いに納得したとき


神にすべてをゆだねる準備が少しづつ整いはじめる


グレースを受け取る準備が整うのだな


それが「覚悟」


死を目の前にしてもがき続けるのはとっても辛いです


看てる方もつらい


そして見守る家族にも覚悟が必要です


実際これがなかなかできていないケースが多い




死を受け入れ今できることを淡々と行う




すべきこと「ダルマ」を


する「カルマ」ために


本当に叶えたい願いとはなんなのか「サンカルパ」


なぜそれをすべきなのかと常に問いかける




たどり着くところは


Prema


なのかもしれないな




静かに命の灯が消えゆくさまをみて


つれづれなるままに























0 件のコメント: