2013年2月14日木曜日

伊勢神宮「米の座」お別れ参拝。

 
伊勢神宮に参ってきました
 
なんと小学校の修学旅行以来です
 
今年は二十年に一度の式年遷宮の年
 
旧暦のお正月に
 
外宮・内宮を正式参拝
 
まずお神楽奉納の儀でお浄め
 
音楽と舞?の美しさに釘づけ
 
あまりの心地よさに完全心も体もリラックス
 
そして正式参拝
 
結界が張られたように
 
凛とした空気
 
一生に一度味わうかどうかの貴重な体験でした
 
 
 
五十鈴川
 
 
 
 
新しく建てられた社殿
 
 
 
予想以上の渋滞で
 
お昼休憩が30分!
 
急いでおかげ横丁で伊勢うどんを食べて
 
 
ぜんざいを泣く泣くあきらめ
 
 
赤福餅は何とかゲット!
 
時間がないので立ち食いしちゃった~
 
 
バスの中でいただいた冊子に書かれていた文より
 
ケガレとツミ
 
私たちは生まれると同時に神様から”ミタマ”という尊い心ねをいただいたいています
 
清く、明るく、さわやかな心をすべての人間がいただいているわけです
 
それゆえ、生活は明るく、楽しく、爽やかであるはずですが
 
現実はなかなかその通りにはなりません
 
苦しいこと、困ったことといろいろ問題を抱えております
 
それは
 
人間は肉体をもっておりますから
 
生きている間にともすると争い、偽り、欲望など醜い感情に走り
 
つい神様からいただいた心を忘れてしまい穢してしまうからです
 
これを”ケガレ”といいます
 
しかし心と体とは関連しておりますから
 
心が穢れれば身が荒み
 
身が穢れれば心が乱れるもので
 
心身の穢れが高まってくるとその穢れは
 
他人にまでも伝播するのであります
 
自分の穢れが積もり積もって他人にまで迷惑を及ぼすようになりますと
 
これを”ツミ”といいます
 
と書いてありました
 
まんまヨーガですやんか
 
「祓に始まって祓に終わる」
 
祓い=浄化によって
 
忘れてしまったことに気づいていく道具=ヨーガ
 
 
 
参拝から帰ってきた次の日
 
自分で言うのもなんやけど
 
マントラの響きが美しかった
 
お祓いパワー恐るべしべし~
 
 
 
 
 
 
 


 

0 件のコメント: