2013年5月8日水曜日

インド放浪記①

着いた~
インドインド~

今回はデリーの空港でビディアと待ち合わせ
夜中に到着して朝まで待って列車でリシケシヘ向かう
空港のイミグレーションで
滞在先を「ダヤーナンダアシュラム」って書いてたら
「ラーマクリシュナか」と聞かれた
んんっって顔したら
ハレラーマーハレラーマークリシュナクリシュナーハレーハレー♪
と唱い出したので一緒に唱える
「オッケーオッケー」と笑顔で送り出してくれた
インドにきたなーと実感

ビディアと無事合流し夜明けのメトロでニューデリーへ
メトロはまるで近未来の乗り物みたい
 

今回生まれて初めてリシケシ行きの冷房付き列車に乗る
ワクワクしながら駅に入ろうとすると
その列車はトラブルでキャンセルになったからもう一度チケットを取り直さないとダメ」
と言われる
なんのこっちゃわからんともたもたしてたら
「いそいで!次の列車は7時半に出るからそれまでにオフィスへ!
と強引にリキシャに乗せられる
が、しばらく乗ってもオフィスにつく様子がない
やられたー!
はよ戻って、駅、駅!
と言ったがわけわからんツーリストインフォメーションへつれていかれる
再び、駅戻らんかーーーーい!
と叫びようやくニューデリー駅へ帰艦。
ほらね、ちゃーんと予定どうり列車あるやん
ギリギリ間に合って良かったわ
きっと駅にいた兄ちゃんとグルなんやろな
もう少しで予約がパアになるとこやったー

ふたりで
よかったよかった
インドやなー
変わらんなー
と笑いあう

初のエアコン列車にテンション上がるわぁ
 
 
 
ティーセットと朝食付きよん~
ハリドワールまでの約5時間半
のんびりのどかでゆるーい車窓を眺めながら満喫~

ほんま無事乗れてよかった!
 
    ハリドワールに着いてまずはチャイチャイ!
 



カレーまで注文してもた

そんでローカルバスでリシケシに向かう
熱いのでバスの中でキュウリをガブリ
今回何度このキュウリにお世話になったことか
熱いインドの救世主!
マサラな塩とライムがキュッと絞ってある
おいしすぎます


リシケシに到着したら昨年お世話になった宿へ


今回は山側
一泊一名100ルピー(約200円)安っ!

荷物を置いてさっそくリシケシの街へ






小腹がすいたのでオニオンドーサ~



シンプルでたまらんおいしさ

路上のお店をぶらぶら
おメメがいがんでいよーがなかろーがそんなのかんけぇねぇ


スーパートーマス君の後ろの金の豚?犬?が気になる


とまあ着いた日早々よう動きましたよー
このあとシヴァナンダアシュラムの夕方のアラーティへ


リシケシに帰ってきたと実感できるひととき
 
 

0 件のコメント: