2013年10月27日日曜日

子宮を意識する。

おとなりの旅ジタクさんで開催された

ひらやませいこさんの月経血コントロールのお話を聞きに行ってきました

いかに女性の体が自然とともに変化しているか

紙ナプキンを使用することによって地球環境にどれだけの影響があるのかをお話ししてくださいました

そして興味深かったのは

子宮はちょうど丹田(おへそから指4本くらい下・その奥2㎝くらいといわれている)の位置とおんなじでそこは体のちょうどセンターの位置だそうです

その子宮(丹田)を意識することで姿勢がよくなる

子宮を意識することでコアも鍛えられ

やがて自分とは何か?を意識することに繋がっていくというのです

子宮を意識していくことで

ほんとうの強さを知ることができる

ほんとうの強さとは弱いところも強すぎるところもひっくるめて全部受け入れること

竹のようにしなやかで

柔軟性がある

それこそが真の強さ・美しさ

そして一番大切なこと

自分自身を大切に扱うこと

自分を愛で満たすこと

それにはまず子宮を

からだの真ん中を意識することから

自分の体の声をきくことからはじめよう


紙ナプキンがすべて悪いのか?と極端に走ることではなく

そこにはちゃんと時代背景があって必要性もあって

それぞれに理由があることで

今きちんと考えてどう行動するのか

それが真に問われている時期ではないのかなって思いました

ひとりひとりが調和を想い行動する

ダルマやね

ふらりと聞きに行ったのですがとっても興味深いお話をありがとうございました

次回は中学生・高校生を対象にお話ししていただきたい!と思ってます~


肌触りのいい布ナプキン
10名以上集まれば無料で講演してくださるそうです
お問い合わせは ひらやませいこ
090-9620-7771
officeseico.ena.1005@gmail.com

















 

0 件のコメント: