2014年7月29日火曜日

空も飛べるはず




先週と今週のクラス

その美しさに息をのんだ

新しい場所で始まったレッスンも一年が過ぎ

全くヨーガが初めてだった方も

通い始めてもう一年が過ぎようとしている

眉間に深いしわを寄せ

呼吸法もアーサナもあんなに苦しそうにしていたのに

なんて穏やかな表情なの

なんて穏やかな呼吸なの

前屈だってまだまだ90度に近いのに

その美しさから発せられるプラーナに穏やかに包まれている


昨日はまた別の生徒さんから嬉しいメールが届いた

ヨガに通って一年

昨日初めてできないポーズができました

絶対できないだろうと思っていたポーズ

できることを目指すことはヨーガじゃないって思ってたけど

人間の体ってすごいなって

ありがとうございます


それは Abhyasa (継続的実践・修習) 

繰り返し繰り返し積み重ねてきた練習の賜物



限界なんてもんはなくって

真に願い努力すれば

なにひとつ叶えられないものなんてない

それがみんなが持っているシャクティのなせるわざ

ヨーガをアーサナをとおして

ちょっとずつそんな底なしパワーに気づいていく

その過程での苦しみも歓びのひとつのかたち


その輝きを目の当たりにして

勇気をもらった

ありがとうありがとう∞


どんなことも実現させる力が誰にだってある


そして

望めば

いつか空も飛べるはず






























3 件のコメント:

dave さんのコメント...

こんにちは。

僕は最近限界と言うものを感じています。いわば人それぞれの役割というか、許容範囲があるということです。
どうすればあなたのように限界を打破する精に持っていくことができるのでしょか?教えてください。インドに興味があります。

Kimiko.Kobayashi さんのコメント...

あらまあ
私もしょっちゅう限界を感じてますよー(笑)

すべての努力はしました
なのにどうにもこうにもいかないっていう、にっちもさっちもいかないっていう状態
生きていれば誰しもありますよね
お手上げ状態ですわ
そのもう神頼みしかない状態こそが限界を超えるチャンスかもしれません
その時に神様なんとかしてください!というよりああもうやれることはすべてやり尽くしました、あとはお任せしますというような感じかな

そしてあとになって気づくんですがにっちもさっちもいかない状態を作っていたのは誰でもない、自分自身だったことにきづきます
そう、自分自身の執着だったことに気づく
だからきちんとダルマに沿って生きていればなんの障害もなくすべてが流れるようにうまくいくのにその流れに逆らっていたからしんどかったと気づく
結局ただ在ることに感謝する気持ちが欠けていたのではないかと思うのです
だからもし限界を感じているなら今が気づくチャンス!そして今手に握りしめているものを手放した時に限界を超えるという神からのグレイスを受けとるのでしょう
なかなか限界を超えられないのなら今何をすべきなのか
人と比べて不平不満を言ってないか
その他にも自分がどう感じているか見直すチャンスです
そうすれば自ずと感謝の気持ちが湧いてくるでしょう

限界なんてない

いく度となく転んで擦りむいてケガをして
そんな経験を繰り返しながら人は気づいていく

私もまだまだ泣いて転んでまた起き上がる
そんな人生のまっただ中

それをも楽しむぞーと思ってます

daveさんにグレイスが訪れますように

Hari om,

dave さんのコメント...

そうですね。いつも挫折するたびに何かのせいにして来たかもしれません。世の中はすべて公平ではない。それが世の常みたいに・・・しかし、吾唯知足を重んじれば向上心がなくなるようで・・・葛藤ですね。五体満足でこれまで生きてこれていることがラッキーで幸せだということは分かっているけど・・・すべての事に期待しないと思っているつもりだけど執着するということも否めない。しかしある意味、それが人生を楽しんでると言うことかもしれませんね。ありがとうございました。^^