2012年5月31日木曜日

そら豆ごはんに思ふ。


旬の野菜ってホンマにおいしい。
特に春の豆類はたまらんくらいおいしい。

ウスイエンドウに絹さやにスナップエンドウにそら豆。

畑やってたころ春になるとわんさかお豆さんができた。
とれたてほやほやの豆って涙が出るほどおいしい。

おまけに花もきれいなんよね。


そら豆ごはん。
キノコたっぷり茶碗蒸し。
スナップエンドウと小松菜の塩麹炒め。

昨日のうちの晩ごはん。

最近嬉しいことにこれ食べたい、作りたいと思ったものを作る余裕が出てきた。
仕事がハードでしんどい時ってごはん作りがかなりの負担になる。
ヘトヘトやからもう作るのギブアップしたい!なんてこともよくある。

世の中のフル稼働で働くお母さんってすごいと思う。
朝からお弁当作って仕事行って帰りに買いもんして帰って超特急でごはん作って。
尊敬します。


最近は時間あるから大好きな野菜中心の生活です。

yogi はもちろんヴェジタリアンやろ~
という声が聞こえてきそうですが今の私の食に関するスタンスはひと言でいうと
「ユルい」
です。

TTを受けて帰ってきた時は1年以上お肉食べれなかった。
もともと野菜だけでも大丈夫なくらいの人なんですがかなりストイックになってました。

子供も「えっ?また野菜だけぇ?」みたいな反応してたけど。
そりゃ急に一家全員野菜生活っ!って言われても~みたいな。
もちろん強制はしないでお肉は自分だけよけたりとかしてた。

そのうち少しづつ食べるようになったけど。

今はヴェジでもノンヴェジでもお酒飲んでも飲まなくてもそれはそれでいいんだよ~と思ってます。

「楽しく、感謝しながらいただく」

がベースです。
こうでなくてはいけないって思わなければええかなって。

けどね、確かにお肉食べたりお酒飲んだりしたら身体が重くなるし、カフェインとったら覚醒するし身体を浄化していくにはやはりお肉やお酒はとらないほうがベター。

こうじゃなきゃダメって肩肘張らずにゆる~く身体が喜ぶものを食べたいと思います。

しかもシバナンダヨガの大切な5ポイントのうちの一つは
「proper diet 適切な食事」
だからねぇ。

最近ユルくなりすぎてたせいかちょっとキュッとストイックになってみたい気分。

アシュラムにいたころのあの心とからだの軽さはほんっとうに気持ちがいいの。
いらないものがそぎ落とされてただ今ここに存在しているだけで充たされていることを実感できるというか。

暴飲暴食したりジャンクになったり。
そんな時もあるだろうけど偏ってきたら真ん中に戻す。

素朴な和食にも滋味あふれる豊かさがある。
そんな感覚を持ち続けたい。


そう思わせてくれたそら豆さんに感謝~

0 件のコメント: